1. HOME
  2. 事業概要

自然環境の保全

近年生物多様性保全への関心が急速に高まる中で、2010年に名古屋で開催された生物多様性条約会議ではAichi Targetが採択され、次の2020年に向けた目標が掲げられました。当財団は、生物多様性の概念の普及と生物多様性保全をはじめとした、自然環境の保全に寄与するため、様々な取り組みを行っています。



いきものにぎわい企業活動コンテスト

本コンテストは、2010年「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」の愛知県名古屋市開催を契機に「自然やいきものとの共生」に注目が集まり、日本の企業等による生物多様性の保全や持続的な利用等の実践活動が活性化したことに着目し、優れた実践活動を、継続的に顕彰し、広く内外に広報することによって活動のさらなる広がりを推進する表彰制度として創設いたしました。


国連生物多様性の10年日本委員会

2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。
2010年10月に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択された、生物多様性保全のための新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。これを受け、「愛知目標」の達成を目指し、国、地方公共団体、事業者、国民および民間の団体など、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組みを推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が2011年9月に設立されました。
UNDB-Jは、国内各地で生物多様性保全活動を行う団体・企業・行政・機関などへの情報・交流の機会などを提供し、各活動の連携を促進します。
水と緑の惑星保全機構は、「国連生物多様性の10年日本委員会」の前身である、「地球いきもの委員会」に参画し、「国連生物多様性の10年日本委員会」に協力しています。


「高尾100年の森」プロジェクト

緑豊かな自然環境を次代に伝えていくことが私たちができることではないかという想いから、「高尾100年の森」プロジェクトは始まりました。自然からは、たくさんのことを学び、経験することができます。そこで、佐川急便(株)からの委託を受け、教育機関やNPO、地域住民の方やボランティア、佐川急便従業員とその家族とともに、参加者自らの手で、森を再生する取り組みを進めてきました。主な活動としては、健康な森にするための間伐や下草刈り、より多くの方に森の現状を知ってもらうための遊歩道づくりなど、その他にも森林研修やイベントの企画運営、自然体験を通じた子どもたちへの環境教育の場としても活用されました。


こどもホタレンジャー事業

古くから日本の原風景として大切にされてきた、暗闇の中を飛び交うホタルの光。そうした風景が多くの地域で失われてきた一方で、失われたホタルを呼び戻そうとする活動や残されたホタルを守ろうとする活動も広がっています。平成16年から環境省では、水質浄化の啓発の一環としてホタルの棲める環境を守るため、ホタルを守る子どもたちの活動を「こどもホタレンジャー」と名付け、活動の報告を募集して、全国の代表的な活動やユニークな活動を表彰してきました。


トキの野生復帰プロジェクト

"NIPPONIA NIPPON"日本を象徴する名をもつトキの野生復帰をめざした地域社会づくりを佐渡で実施しています。環境省の地域社会づくりのビジョンや、そのための交流拠点の企画、えさ場づくりや営巣環境づくりに向けたボランティア作業を企画・実施してきました。

環境チャリティーコンサート

都市生活者に里山をどのように伝え、里山保全活動を支援するか。環境チャリティーコンサートによる試みを2001年から始めました。

PAGE TOP

■ 里地づくりに関する活動

調査研究

環境基本計画の長期ビジョンでは、持続型社会を実現するために「循環・共生・参加・国際的取組」が不可欠であると示しています。その実現の場としての里地里山に関する様々な研究活動を行ってきました。

<人と自然が織りなす里地環境づくり調査>
農業・食料・農村基本法を受けて、環境との調和のあり方を、里地地域で実現する場合の基本的な理念と実施方法に関する調査研究を行ってきました。



<里地里山保全対策調査>
新・生物多様性国家戦略では、全ての生き物の生存の拠り所としての多様性の保全を訴えています。レッドデータブックの50%、国内野生生物の40%が生息する里地里山自然地域の保全対策の調査研究を行ってきました。

里地里山保全活動

財団法人イオン環境財団とともに、全国20箇所での保全活動を実施し、各地の活動・取組の弾みをつけました。そのノウハウはシンポジウムや報告集を通じて公開してきました。

PAGE TOP