1. HOME
  2. 事業概要

持続可能な社会をつくる

環境保全型・循環型の持続可能な社会をつくるために、ひとりひとりのライフスタイルの変革を促す普及啓発事業を行っています。



Re-Style調査とインターネット・TVコマーシャルでの発信

循環型社会の推進を目的とした、リデュース、リユース、リサイクルを推進するとともに、ごみの減量化へ向けた活動のデータベース化、建築物を壊さず再生利用した事例データベース、不要品を循環させるデータベースなど、様々なRe-Styleを提案してきました。私たちのライフスタイルは、私たち自身の生存環境を脅かしています。だから、Re-Style。青年層・無関心層には、話題のアーティストから、意識層には、環境データベースで、それぞれの主体にあったRe-Styleを提案してきました。


使用済携帯電話回収促進に係る調査事業

平成21年6月3日からクールアース・デーの7月7日までの約1箇月間を「使用済携帯電話回収促進キャンペーン」として、総務省、経済産業省、地方公共団体、通信事業者及び携帯電話メーカー等と連携して、国民一人ひとりに、キックオフイベント、地方公共団体・携帯電話販売店におけるポスターの掲示及びリーフレットの配布キャンペーン、横浜市及び京都市における使用済携帯電話の回収実証試験等による、使用済携帯電話の回収への協力を呼びかけました。


環境保全型技術

『里地からのチャレンジ100事例集』 里地里山地域で活用されている環境保全型のローテク調査を行い、自然との調和を実現するための技術として、自然エネルギーから微生物の活用まで100の事例集にまとめました。この調査結果は、データベースとしてまとめて公開してきました。


建築再生モデル

解体すれば建築廃棄物ですが、残せば貴重な文化や人々の思い出の場所として大切に活用される建物もたくさんあります。全自治体へのアンケート調査を基に早稲田大学古谷研究室の協力を頂き、100の再生事例を公開してきました。

PAGE TOP