第3回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞結果発表
 平成26年6月19日から8月29日の募集期間に、73件の応募があり、厳正な審査の結果、環境大臣賞・農林水産大臣賞はじめ10件の受賞活動を発表します。
 なお、2005年から2014年までの10年間を国連「持続可能な開発のため教育(ESD)の10年」とすることが国連総会で採択され、最終年にあたる本年は、提唱国である日本(愛知県名古屋市及び岡山県岡山市)において、「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催されることから、今回はESDの視点での特色ある活動についても顕彰する特別賞を設けました。
 一次審査を通過した他の応募活動につきましても、活動事例紹介にて掲載しております。ぜひご覧ください。
環境大臣賞
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
みんなで守ろう!日本の希少生物種と自然環境
SAVE JAPAN プロジェクト
農林水産大臣賞
市山環境保全会
わたしたちの“水”“土”“里”次の世代に残します
公益社団法人国土緑化推進機構理事長賞
日本郵政グループ
JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」
公益社団法人日本アロマ環境協会賞
石坂産業株式会社
やまゆり倶楽部友の会 「くぬぎの森再生プロジェクト」
公益財団法人水と緑の惑星保全機構会長賞
酪農学園大学 / 旭川市旭山動物園 /
一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン /
特定非営利活動法人EnVision環境保全事務所 /
ESRIジャパン株式会社
マレーシアボルネオ島サバ州キナバタンガン川下流域の生物多様性保全のための住民参加型村おこしプロジェクトと環境教育の実践
審査委員長賞
一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)
ゲンジボタルの累代飼育へのチャレンジを通じた都市緑地の新たな活用方法の提案
審査委員特別賞
鹿島建設株式会社 / 大日本プラスチックス株式会社
自然分解ネットを用いた環境にやさしいサンゴ礁復活プロジェクト
味の素株式会社
太平洋沿岸カツオ標識放流共同調査と一連の協働・普及啓発活動
福井県若狭町「鳥浜漁業協同組合」
国名勝「気比の松原」のアカマツの廃材を三方湖「柴漬け漁」で再利用
ESDの10年特別賞
株式会社 文化放送開発センター
全国高校生ESDシンポジウム