第4回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
環境大臣賞
花王株式会社 鹿島工場

花王 鹿島工場“社員の森”育成による生き物にぎわい活動


 “社員の森”は、工場建設の年にあたる1980年から工場に在籍した全ての人が工場で仕事をした証として、新入社員や転入者が入ると地域に生息する樹木や県花、県木等から好きな木を選び植樹しており、現在では、143種類が確認されている。
 本活動の成果は、35年に渡る緑地保全を継続していることで、鹿島港の航路建設に伴う、掘り込み・浚渫によりできた海浜砂丘の地に、実のなる木や蝶の食草であるクスノキやエノキなどの植樹、高木とその脇に中木・低木を連続配置するなど、先人たちが創意工夫を凝らし高層豊かな昔ながらの森を再現した。その結果、かつてこの地を棲家にしていたメジロやモズ、キジ等の鳥たちやアオスジアゲハ、ゴマダラ蝶など多くの生き物が集まる森となったことである。
 この工夫は、現在の生物多様性の考え方であり、35年前より生物多様性の活動が行われており、今では、この森を用いた見学コースや視察会、健康づくりの場などに利用することで、生態系サービスの恩恵に与っている。
 社員の森が地域生態系の一角を担っているとの認識のもと、引き続き生物多様性に配慮した緑地保全に努め、国際社会が目指しているサステナブルな社会実現のため、今後も活動を続けていく。

活動イメージ