第4回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
農林水産大臣賞
みやぎ登米農業協同組合

環境保全米 田んぼの生き物調査


 JAみやぎ登米管内は県内屈指の米の産地であることから、「赤とんぼが乱舞する産地を目指そう」を合言葉に、環境や生態系への負荷の軽減を考え、農薬や化学肥料の使用量を半分以下に抑えて栽培する「環境保全米」の取り組みを、平成15年度より行っている。それから3年後の平成18年から毎年6月には、環境保全米の圃場に生息している生物を採取し、生態系の保存状況を目で見て確認しようと様々なステークホルダーを迎えて開催しているのが、この「環境保全米田んぼの生き物調査」である。活動の中では毎年数多くの生き物が確認され、中には赤とんぼの幼虫や、ミナミメダカなど、全国的に見ても生息数が減少している生物も多数確認ができた。
 圃場の生態系を調査する事で、環境保全米の栽培で得られた環境への効果を実感しながら、地域社会と参加者の交流の場も担うのが、「環境保全米田んぼの生き物調査」である。

活動イメージ