第2回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
審査委員長賞
株式会社生活の木

生活の木は生活の木を植える、生物多様性の山々を守る


ハーブアロマテラピービジネスに携わる同社は、51 カ国のパートナーファームと30 年以上に渡って息の長いビジネス形態を培ってきた。生産や製品のオーガニック化には各地で協力してきたが、そのもととなる植物や樹木を増やそうとの思いから、このプロジェクトを展開している。顔の見える支援をして、製品を作ってもらう、購入する、販売する、原料となる植物・樹木を植えるという循環型の仕組みを構築し、山々の再生に寄与している。
ガーナでは、NGO Africa2000 を通じて、シアの苗木を1000 本植樹。成長したシアの木から採れたシアバターを活用し、シアバターソープを製造する予定。エチオピアでは、ベレテ・ゲラの森林再生プロジェクトを通じて、森林コーヒーの木の保護に協力。育ったコーヒーを現地で手焙煎し、販売している。アマゾンでは、Benchimol, Irmao and Cia, Ltda. を通じて、1000 本のローズウッドの苗木を植樹。以降1 本使用毎に100 本の苗木を植樹。成長した木から採油し、精油を製造販売している。また、マダガスカルのNGO オムオム・エ・エンバイロメントより精油を購入し、その利益の一部で焼け山の再生も図っている。

活動イメージ