第2回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
審査委員特別賞
株式会社東日本放送(略称KHB)

KHBグリーンキャンペーン「七ヶ宿水源文化の森づくり」植樹祭


「未来の子どもたちに緑豊かな森を残したい。私たちの命の源である大切な水源を守りたい。」という願いから、七ヶ宿ダムの上流で「七ヶ宿水源文化の森づくり」に取り組んでいる。七ヶ宿ダムは仙台市を含む7市10町に水道水を供給している。ダムが完成した翌年の1992年から、植樹活動をスタートさせ、毎年2,000〜3,000本の広葉樹を植え、これまでに5万4,030本を植樹している。
植樹祭は、放送を通じて募集した視聴者と七ヶ宿町横川地区緑の少年団、社員・家族などを対象とし、森林組合の指導のもと、子どもから年配の方まで幅広く参加している。
ダム建設のため土砂を切り出した山のほか、オートバイのモトクロスコースとして使われていた荒れ地などに、周辺の植生に合わせ、オオヤマザクラのほか、コナラ・ミズナラ・クヌギなどを植樹し、森の再生のために維持・管理に関しても注意深く進めている。
毎年4月29日に開催してきたが、今年は東日本大震災の影響で6月25日に実施した。雨の中、160人以上の参加者が、3,000本のオオヤマザクラの苗木を植樹した。
植樹祭の模様を番組やニュースで放送することで、取組みについて広く紹介している。

活動イメージ