第3回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
農林水産大臣賞
市山環境保全会

わたしたちの“水”“土”“里”次の世代に残します


 平成19年の農地水環境保全向上対策事業を契機に、農業者だけでなく住民を上げての保全活動が可能になった。中でも、住民のアイディアを盛り込んで復興されたため池と棚田(通称:やぶさめのため池と棚田)は、地域のシンボルゾーンから桜江小学校の野外授業の場に進展し、授業で得た古代米は、桜江町内5公民館の各種イベントへの活用が定着した。
 代々受け継がれてきた農地を子供達が活用し、地域と高齢者を“食”で元気にする。そんな取組みも地域で考え地域で解決できる“地域福祉”のひとつの姿と考える。
 この活動を通じて、“ふゆみずたんぼ”への取組みを開始した農家も現れ、生物多様の環境で育ったお米は地元消費だけでなく、地元学校給食センターへ供給する試みに繋がった。普段なにげなく目にする動植物も市山の豊かな自然環境の証という再発見と“ふゆみずたんぼ”への取り組みは、地域へ新たな刺激を投げかけるとともに新たな可能性が広がると確信する。

活動イメージ