第3回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
審査委員長賞
一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)

ゲンジボタルの累代飼育へのチャレンジを通じた都市緑地の新たな活用方法の提案


 ゲンジボタル飼育実践を通じて、羽化時には、防犯や安全に配慮しながら周辺のサインを消灯するなど、都心緑地管理といきものの営みの共生を考える好機となりました。また、子供たちの環境教育や、周辺住民とのつながりを深める場づくりを、啓発的発信と、コミュニティを育み共有価値を生み出す都市緑地の新たな活用方法として提案しています。実践フィールドである「ほたるのせせらぎ」は、2012年竣工の大手町フィナンシャルシティ・サウスタワーにおいて、都市再生特区を活用した地域貢献施設「エコミュージアム」の一角にあります。管理を受託する三菱地所プロパティマネジメントおよび小岩井農牧、ゲンジボタル飼育を指導頂いたほたる工学研究所、大丸有地区の環境活動を担うまちづくり団体であるエコッツェリア協会が協働で取り組んでいます。今後も、皇居を中心としたエコロジカルネットワークの顕在化や拡充にむけて、協働の輪を広げていきたいと考えています。

活動イメージ