第3回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
審査委員特別賞
鹿島建設株式会社 / 大日本プラスチックス株式会社

自然分解ネットを用いた環境にやさしいサンゴ礁復活プロジェクト


 沖縄県慶良間諸島における新技術導入によるサンゴ礁再生プロジェクト。2014年3月5日に国立公園として誕生した慶良間諸島のサンゴ礁域は、多様な生態系と海中景観を有する。しかしながら、サンゴ礁はここ十数年の間、オニヒトデの大量発生や台風など自然の脅威により衰退しつつある。
 本活動は、慶良間諸島の島々に囲まれ、観光資源として活用されている静穏海域のサンゴ礁の保全・再生を目的に、地元のダイバーと企業の連携により実施。この活動で適用しているサンゴ再生技術は、従来のサンゴの植付けに替わる新技術を採用。自然分解性の人工基盤「コーラルネット」を海底に敷くだけで、サンゴの再生を促すシンプルで環境にも優しい手法。サンゴが成長した後は基盤が自然分解することが特長であり、地元ダイバーでも手軽に扱える。
 本年6月、コーラルネットで再生したサンゴが初めて産卵するなど、サンゴ礁とそこに棲む生き物たちにも明るい未来が見えた。

活動イメージ