第1回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
農林水産大臣賞
株式会社アレフ

北海道ふゆみずたんぼプロジェクト


 冬期湛水水田(ふゆみずたんぼ)の北海道版としての農薬や化学肥料を使用しない農法の確立と普及により、生物多様性の保全に貢献すると同時に、安全で高付加価値のお米の生産、さらには環境教育や地域づくりなど多くの機能をもったプロジェクト。
 従業員による社有田での米作りは、農作業や生きもの調査などを体験プログラムとして実施。従業員や市民の環境教育に役立てながらデータを蓄積し、活動1年目からヒメゲンゴロウ、ユスリカの幼虫、アメンボなどの水生生物、さらに水田内ではニホンアマガエルのオタマジャクシの繁殖も認められるようになった。
 3年の活動の間に水田とその周辺には20種類のトンボを確認でき、確認できたその他の生きものの種数も年を追って増えた。
 また農家が持続的に取り組め、かつ生物多様性の保全に貢献する農法としての確立を目指せるよう、栽培技術や生きもの調査の指導にはNPOの指導者を招聘。活動に興味を持った農家や研究・教育機関、行政、企業、一般市民等に幅広い参加を募り、実際に農家が耕作する水田での実証にも取り組んだ。

活動イメージ