第1回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
審査委員特別賞
中越パルプ工業株式会社 / イーソリューション株式会社

国産竹を有効利用した「竹紙」


 不可能と思われていた「国産竹の紙」の製造を1998年より挑戦し、安定的に竹を活用することで地域の竹林管理をけん引する事業を展開。竹林のみならず、隣接する里山の保全再生に寄与することによって、生物多様性の保全にも貢献している。
 成長力が旺盛で、放置すると周辺に根を伸ばし、森の多面的機能や生物多様性を低下させる竹を、紙として有効活用することにより、タケノコ生産林の整備が進み、また、竹に新たな経済的価値が生じたことにより、放置竹林の伐採整備が民間レベルで積極的に行われるようになった。
 さらに2009年には里山保全活動の団体へ支援するための寄付金付き間伐材印刷用紙「里山物語」を発売。これらの環境対応用紙は、本業を通じた持続性のある環境貢献を果たしている。

活動イメージ