第1回いきものにぎわい活動コンテスト 受賞団体決定
審査委員特別賞
三菱商事株式会社

サンゴ礁保全プロジェクト


 2005年度から沖縄、そして2006年度からミッドウェイ、セーシェルの3拠点を中心に様々な研究機関と共同して多様な角度からのサンゴ礁保全研究を実施している。
 沖縄では静岡大学・琉球大学・国士舘大学とともにサンゴの白化の原因とメカニズムの解明をテーマに研究を実施、またミッドウェイではカルフォルニア大学サンタクルーズ校とともに気候変動や地域的な変化のサンゴ礁に与える影響をテーマに調査を実施、さらにセーシェルではエセックス大学の研究チームとともに、サンゴ礁の生息地の生物多様性、マングローブ、サンゴ礁の状態などの観察データ収集を実施している。
 なお、このプロジェクトはサンゴ礁の保全に繋がる学術的な調査研究としての意義だけでなく、市民と企業が参加し、「産・学・民」で成果を共有し、海洋環境保全の重要性を広く伝えていくこととし、毎年、研究者による研究報告会を実施するほか、シンポジウムも開催し、プロジェクトの成果を広く社会に公表している。

活動イメージ