第4回いきものにぎわい市民活動大賞

ローソン緑の募金賞 【募金事業部門】

特定非営利活動法人北海道森林ボランティア協会

札幌市澄川環境林に於ける外来種ニセアカシア侵入地域の復興事業


 札幌市南区で過去植林したまま、あるいは伐採されたまま放置された過密林を都市環境緑地にふさわしい森林へ更新するため、2002年から間伐・除伐により適正な密度を確保し、森林の活性化を図る活動が始まった。
 当地の札幌市澄川環境林は、札幌市の「都市環境林取得整備事業」に基づき、都市近郊林の保全・活用を目的として主に市街化調整区域の民有林を公有化した樹林地である。
 これまで放置されてきた森林を児童、青少年、市民がより安心・安全に森林セラピーや森林学習が行うことができるように整備を進めてきた。
 また、作業道や遊歩道の整備、樹木名板の設置、野外学習会、シンポジウムなど多彩な活動を行い、ボランティアや市民の森林に対する理解を深める活動も積極的に実施している。
 2014年からは活動のフィールドを広げ、外来種のニセアカシアの侵入が放置されてきた森林を本来種のミズナラ、イタヤカエデ、ハルニレ等を植樹し、従来の森林に復興する事業を開始した。

活動イメージ