市民参加型リサイクルの拠点〜笛田リサイクルセンター:神奈川県鎌倉市
◆事例詳細 (→ホームページへ戻る

品目分類
容器包装/紙/生活用品/食品廃棄物
製品の工夫  発生抑制  回収  再使用  再生利用 
その他

事例名称 市民参加型リサイクルの拠点〜笛田リサイクルセンター




事業主体 神奈川県鎌倉市
場所 神奈川県 市町村 鎌倉市

事業開始年月 1997/04
2000年現在の利用状況 実施中
TOP
(→分類一覧へ戻る


概要
 鎌倉市では、市民と行政が一体となって資源リサイクルを進める拠点として、1997年に笛田リサイクルセンターを設置。再生利用棟には、再生品の展示ギャラリー、工房、会議室などがあり、市民活動団体の「鎌倉リサイクル推進協議会」(会員数167。1999年度)が、リサイクル工作や衣類のリフォーム、廃油せっけんづくり、エコクッキングなど様々な教室、イベントを、年間を通して行なっている。
 また、選別棟では、家庭から排出された資源物を再資源化するための中間処理を行っている。ビン類については、ここで生きビンとの仕分け、色別の分類を実施。また缶類についても、ここでスチール缶、アルミ缶に分類している。紙類については圧縮梱包を行っている。
 なお、同センターの建物も、省資源・省エネ化、クリーンエネルギー化を図るべく、OMソーラーによる太陽熱の利用、太陽光発電、雨水利用、屋上・壁面緑化などのシステムを導入している。

実績効果

 1999年度に、鎌倉リサイクル推進会議が、同センターで開催したリサイクルのための教室は、リサイクル手芸112回、リフォーム教室48回、リサイクル工作教室32回など、合計247回にも及ぶ。この他にも、ごみの出し方や減量方法などに関する学習会、リサイクルマーケット、不用家具抽選会なども活発に行われている。
 なお、選別棟の処理能力は、ビン・缶 20t/日、紙類 20t/日となっている。

事業費

124576千円

事業年度

2000年度

施設設備費

2370030千円


補助金

1:890000千円
2:
3:

備考

鎌倉リサイクル推進会議については、非常に活発に活動しており、市民が企画運営する降雪民営型の活動が着実に成果を上げている手応えがあるという。



TOP
(→分類一覧へ戻る
(→ホームページへ戻る