集団資源回収事業:神奈川県海老名市
◆事例詳細 (→ホームページへ戻る

品目分類
容器包装/紙/生活用品
製品の工夫  発生抑制  回収  再使用  再生利用 
その他

事例名称 集団資源回収事業




事業主体 海老名市
場所 神奈川県 市町村 海老名市

事業開始年月 1983/07/
2000年現在の利用状況 実施中
TOP
(→分類一覧へ戻る


概要
海老名市では、市民で構成し、定期的かつ継続的に資源回収を行う団体に対して、回数・回収量により奨励金を公布している。
対象とする資源化物は、ビン・缶・紙・布等で、対象団体は、子供会、婦人会、自治会、PTA等。これら各種団体は、あらかじめ市に登録しておき、資源化物を回収したら、資源回収業者に売却しする。売却時、業者に仕切票を発行してもらい、この仕切票を添付して奨励金を申請する。売却金は、団体の活動資金となる。

実績効果

1999年度実績:
1.実施団体の構成
子供会(40)、PTA(6)、自治会町内会(6)、婦人会(2)、その他(8)、計62団体2.奨励金公布状況
・総額:3,506,500円
・1団体あたり平均交付額:56,556円
・回収kgあたりの奨励金額:5.25円
3.実施回数
延べ138回
4.品目別回収量と売上額
合計:667,691kg、1,003,813円
ビン:9,148kg、62,864円
金属:13,748kg、353,607円
紙:620,708kg、556,427円
布:24,087kg、30,915円

事業費

4000千円

事業年度

2000年度

施設設備費

施設なし千円


補助金

1:
2:
3:

備考





TOP
(→分類一覧へ戻る
(→ホームページへ戻る