ビーナスプラザで多彩な教室 市民参加型リサイクルを推進:千葉県浦安市
◆事例詳細 (→ホームページへ戻る

品目分類
容器包装/紙/家電製品/生活用品/食品廃棄物
製品の工夫  発生抑制  回収  再使用  再生利用 
その他

事例名称 ビーナスプラザで多彩な教室 市民参加型リサイクルを推進




事業主体 浦安市
場所 千葉県 市町村 浦安市

事業開始年月 1999/8/
2000年現在の利用状況 実施中
TOP
(→分類一覧へ戻る


概要
浦安市では、市民参加型リサイクルを推進するため、市の再資源化施設にリサイクルプラザ「ビーナスプラザ」を設けている。ここでは、家庭の不用品を展示・販売するショップや、空き瓶、古着、紙パック、廃食用油などを使った各種リサイクル教室、家具や自転車の修理教室、リサイクル関連図書の貸出し等を行い、資源の有効利用と市民の普及啓発の役を担っている。
・ビーナスショップ
家庭からまだ使える雑貨や衣類など不用品を出品してもらい、常設で約千点を展示販売。
・リサイクル教室
ガラス工房では不用ビン・コップ・カレットを用いての吹きガラス体験教室を始め、エナメル絵付け、サンドブラストなど各種ガラス細工の体験教室がある。古着のリサイクルでは、古布を裂いて織り機で織る裂き布織り、リフォーム、パッチワーク教室、牛乳パックでの小物作りや紙漉き、廃食用油からの石鹸作り、など様々な教室がある。
・再生・修理教室
家具や自転車の整備・修理の仕方を参加者に教える。
施設全体の管理・運営は市が行うが、各種リサイクル教室については一部委託並びに市民スタッフを講師としている。ガラス工房と家具・自転車修理教室以外は、登録した市民が講師役となり、内容やスケジュールを決めて教室を開催している。これらの催しや案内は、月1回ビーナスプラザニュースを発行して告知している。
運営費用:47,811千円/年

実績効果

2000年度実績:
ショップの売上率は84%、来館者数は来館者総数7963人に上る。リサイクル家具・自転車については展示点数の数倍の申し込みがあり、抽選を行っている。また、視察・見学者も訪れている。
利用状況の詳細は以下の通り。
・ビーナスショップ利用状況 受付客数1,854
・各種教室参加者
ガラス工房各種教室 計1,006人、パッチワーク・各種リフォーム教室143人、牛乳パック小物作り教室 87人、リサイクル工作教室43人、裂き布織り教室59人、花瓶作り7人、石鹸作り43人、夏休み環境講座4人、家具修理教室8人、自転車整備教室9人
・リサイクル図書利用者1,429人、利用冊数5,299冊

事業費


事業年度


施設設備費




補助金

1:
2:
3:

備考





TOP
(→分類一覧へ戻る
(→ホームページへ戻る