リサイクル情報プラザ:熊本県熊本市
◆事例詳細 (→ホームページへ戻る

品目分類
容器包装/紙/家電製品/生活用品/食品廃棄物
製品の工夫  発生抑制  回収  再使用  再生利用 
その他

事例名称 リサイクル情報プラザ




事業主体 熊本市
場所 熊本県 市町村 熊本市

事業開始年月 1997/5//
2000年現在の利用状況 やっていない
TOP
(→分類一覧へ戻る


概要
このプラザは、ごみ減量化・リサイクルの総合啓発施設として、平成9年5月30日(ごみゼロの日)に旧東部環境工場を利用してオープンした。
資源物の選別工場等ではなく、市民にリサイクルに関する情報などを提供することにより、ごみの減量化・リサイクルをすすめ、環境の保全を図ることを目的としている。施設内には、市民から提供された不用品の家具・家電製品・衣類・本類を展示し、希望者に提供するリサイクルマーケットや、ごみの現状やリサイクル方法をパネルとビデオで紹介する展示室がある。市民を対象にしたリサイクル講座を開講している。
同市では平成2年から、町内自治会や婦人会などの市民団体を対象に、焼却施設・埋め立て施設・選別工場の3種類のごみ処理施設を見学するバスツアー「くまもとごみダイエットキャンペーン」を実施し、平成9年度からは、リサイクル情報プラザも見学コースに加えられた。
他にも多彩な普及啓発事業を行っている。再生資源集団回収登録団体に対し情報誌「地域DEリサイクル」を発行、地域環境美化の推進に取り組む指導者や実践者を育成し、地域での主体的な活動を支援、ごみ減量化・リサイクル推進ポスターコンクールの開催、市のごみ事情をまとめた本を小学校の副読本として配布、市民参加型フリーマーケットでペットボトルの再生生地からつくったマイバッグを配布、職員を講師として派遣、減量美化功労者の表彰などを実施している。

実績効果

1999年度実績
・リサイクルプラザ来館者数:254団体、個人10441人
・リサイクルマーケット提供件数:2127点
・リサイクルマーケット利用件数:11347点
・図書・ビデオ貸出件数:189件
・リサイクル講座利用:EMぼかしづくり(268人)、牛乳パックで紙すき(782人)、歯切れで小物づくり(286人)、古ネクタイでベストづくり(80人)他、計16講座実施、1804人及び44組利用。

・施設見学ツアー参加状況 21団体349人(1999年度)
・減量美化推進員の登録 1999年度末現在、全体のに68%当たる482の町内自治会に、選任された推進員がおり、3000人以上の協力員とともにボランティアとして活動。

事業費

43,652千円

事業年度

2000年度

施設設備費

345,000千円


補助金

1:
2:
3:

備考

事業費などは「リサイクル情報プラザ」のみのデータ。
普及啓発以外にも、生ゴミ堆肥か容器購入費女性、地域型生ゴミ処理機のモデル事業の実施分別徹底のための透明ゴミ袋の導入、集団資源回収助成などの事業を行うほか、台風被害時に発生した風倒木はチップ化してリサイクルした。
現在、試験的に生ゴミの堆肥化と剪定木くずの木炭化の実験プラントを設け、今後のリサイクルの可能性を模索している。



TOP
(→分類一覧へ戻る
(→ホームページへ戻る