◆事例詳細 (→ホームページへ戻る

品目分類
生活用品
製品の工夫  発生抑制  回収  再使用  再生利用 
その他

事例名称 制服リサイクルシステム

事業主体 (株)チクマ
場所 大阪府 市町村 大阪市

事業開始年月 1998/6
2000年現在の利用状況 実施中
TOP
(→サマリー一覧へ戻る


概要
 使用後の制服を回収し、リサイクル業者を通じて断熱材、防音材、内装材などに再生利用する。全商品をマテリアルリサイクルの対象とするシステムは業界では初めてのこと。このシステムは(株)チクマが提供するアーシンクリサイクルシステムの使用基本契約書をユーザーと締結する。 マテリアルリサイクル該当商品には、「回収識別マーク」(アーシンクマーク)が発行される。アーシンクマークは、着用者にリサイクル商品である事の認識させるマーク。 ユニフォーム1枚毎にアーシンクマーク1枚を縫着していく。着用後、ユーザーもしくは納入業者の責任において分別梱包保管を行う。顧客もしくは納入業者から回収依頼の連絡を受けると、指定物流機関が回収し、リサイクルセンターへ搬送する。その後、再利用加工業者により再資源化され、各種自動車用内装材(断熱材、吸音材、防音材等)として再生利用される。
 http://www.chikuma.co.jp/main.htm

実績効果

使用済み制服の回収は1999年度、3万点。2000年度12万点。

事業費


事業年度


施設設備費




補助金

1:
2:
3:

備考





TOP
(→サマリー一覧へ戻る
(→ホームページへ戻る